定期預金の預入期間の決め方について

定期預金の悩みどころ…預入期間ってどうやって決めたらいいの?

定期預金を始める時の悩みどころと言えば、預入期間をどうするか、ですよね。あらかじめ決めた一定期間、預金を動かさないことを条件に普通預金よりも高い利息を約束するのが定期預金です。預け入れの期間は数ヶ月から数年間と複数の選択肢から決めることができ、基本的には満期までが長くなればなるほど利率も高く設定されています。そうなると、じゃあ長期間預けておくのがお得なのでは?と思うかもしれませんが、実は一概にそうとは言い切れません。

定期預金で例えば3年、5年と言った年単位での長期間を選択すると、2つのリスクを負うことになります。1つは金利に関する問題です。定期預金の金利と言うのは、基本的に一度契約したら変動することが無い、いわゆる固定金利です。ところが金利は情勢の変化とともに常に変動し続けています。もしも世の中の景気が2年後、3年後に良くなって、金利もそれに合わせて上昇したとしても、それが満期を迎える前の定期預金に反映されることはありません。特に近年の日本はまれにみる低金利時代を迎えています。つまり、長い目で見れば金利は上昇傾向にあると考えられるので、より一層この点は慎重に考える必要があります。

もう1つは、お金が必要な時に使えない、というリスクです。例えば家族の急な入院や、子どもの予定外の進学費用など、もともとの人生設計にはない出費が発生することは必ずしもないとは言えません。そうした時に、資産を全て長期の定期預金として預けてしまっていると、動かせるお金が足らないという事態が発生する可能性が高くなります。定期預金は満期前に解約することができないわけではありませんが、一部解約は基本的にできないため、全額を解約しなければなりません。。さらに利息に関しても、中途解約利率と言う通常よりも低い利率が適用されることになり、相対的に見て損をしてしまうことになります。

こうした2つのリスクを避けるために、定期預金を複数の口座に分散するという方法があります。例えば500万円の資産があったとすれば、200万円で5年間の口座を1つ、100万円で1年間を2つと言うように、期間や金額を変えていくつかの口座を作るのです。こうすれば、不測の事態にも対応でき、金利のリスクも軽減することが可能になります。資産をいかに守り、増やすかという観点から、資産運用をよく考えてみてください。