外貨豪ドル預金の魅力について

日本円よりオトクかも!?外貨豪ドル預金の魅力とは?

定期預金と言うと、日本の金融機関に、日本円で預けるものというイメージを持っている人が大半だと思います。ところが、インターネットの普及によってネットバンキングが当たり前になってきた今、資産の預入先は国内に限るものではなくなってきているのです。ネットを通じて外国の金融機関にその国の外貨で定期預金口座を作ることを、総称して外貨預金と呼びます。ここでは外貨預金の中でも特に人気の高い、外貨豪ドル預金の魅力をご紹介します。

外貨豪ドル預金の一番の魅力は、何といってもその金利の高さです。近年の日本では不況の煽りを受けた低金利時代が長いこと続いており、普通預金よりも高いとされる定期預金の金利ですら0.3%前後という低水準で推移しています。それに比べて、豪ドルの定期預金金利は金融機関によって異なるものの1~2%と、かなりの高水準です。この金利差が維持されている限り、同じ金額を預けていても満期時に受け取ることのできる金利の額はかなり差がつくことが予想されます。

さらに、外貨で預金をすることの魅力の1つに為替差益があります。ご存知の通り、為替の価値と言うものは常に変動し続けています。もし預け入れたときよりも満期時の方が豪ドルの日本円に対する価値が高くなっていれば、その差額分だけ資産が増えることになるわけです。ただしこれは逆方向にも言えることで、もしも豪ドルの価値が下がってしまえば、損失が出てしまうことになります。その点は注意が必要です。

外貨豪ドル預金をする、つまり日本円以外の通貨の資産を持っているということは、資産運用のリスクヘッジにもなります。資産を日本円のみで保持していると、もしも日本円が情勢の変化に追って大きな暴落を起こした場合に、大きな損失を負ってしまう可能性があります。他の通貨で一部の資産を運用することで、そのリスクを軽減することができるのです。

資産運用の手段の1つとして、外貨豪ドル預金は非常にメリットが大きく、魅力のあるものです。ぜひとも一度検討してみることをおすすめします。