本人死亡後、定期口座を家族が解約する

本人死亡後の定期の口座、家族でも勝手に解約できないってホント?

定期預金は満期までの期間を年単位で選ぶことができます。期間が長くなる場合、その間に本人が事故や病気などで亡くなってしまうというリスクはゼロではありません。そういった万が一の場合、定期預金の口座というのはどの様な扱いをすることになるのでしょうか?

人が亡くなると、考えなければいけないことの1つに遺された財産の問題があります。いわゆる相続問題です。定期預金はを始めとした銀行などの口座預金は、相続の対象になる財産として扱われます。中でも定期預金は、通常満期を迎えるまで引き出すことができないため、財産として分与するためにはまずは解約をしなければ、と考えますよね。ところがこの解約が、そう簡単ではありません。たとえ亡くなった名義人の妻や実の子供であっても、自己の勝手な判断で定期預金を解約することは、実はできない可能性が高いのです。

亡くなった家族の定期預金を解約するために、まずすべきことは、口座のある金融機関に連絡をすることです。口座のある支店でなくても、代理で他の支店で手続きを行うことができる場合がほとんどです。本人が亡くなったことが銀行に伝わると、すぐに定期預金を含むすべての口座が、預入、引出しのできない凍結状態にされます。その上で、必要な書類や手続きを金融機関から提示されることになります。

複数ある書類の中でも、もっとも重要な役割を持つのは、その定期口座解約が相続人全員の承諾を得ていることを示すものです。ただでさえ時勢とともに本人以外による定期預金の解約は難しくなっています。その上、相続という重要な問題が関わっているのですから、金融機関側としても家族だからと言って簡単に解約や預金の引き出しを認めてしまうわけにはいかないのです。後々の相続トラブルの発端になることを避けるためにも、故人の定期預金解約の手続きは非常に慎重に行われます。

とは言え、葬儀費用など、どうしても口座に入っている預金が必要になることもあるかもしれません。金融機関によっては申請すれば150万前後の引き出しに応じてくれることもあるようです。あくまでケースバイケースなので、100%とは言えませんが、まずは確認してみましょう。