代理人の定期預金解約に必要なもの、進め方

代理人による定期預金の解約、何が必要?どうやって進める?

定期預金は決められた期間、資産を預け入れることによって、通常より高い金利を受け取ることができるという金融商品の1つです。ただしこの『まとまった期間』と言うのはネックでもあります。定期預金の口座を作ったものの、急にまとまったお金が必要になり解約したい…そういったことが起こりえないとは言えません。

定期預金の解約をするには、名義になっている本人が手続きをしに行かなければならないのが原則ですが、何らかの事情で名義人が手続きに行けない状況にあることもあるかもしれません。そうなると、家族や親族などが代理人として解約に行くことになります。ここではそのような場合に何が必要になり、どのように手続きを進めていけばよいかをご説明します。

代理人が定期預金の解約に赴く場合に、通常の書類に加えて必要になる可能性が極めて高いのが、委任状です。委任状は、名義人がその代理人に手続きを委任することを認めたことを証明するもので、代理人による手続きを円滑に進めるうえで非常に重要な書類になります。金融機関によって決まった書式があったりする場合があるので、事前に確認しておくのが間違いないでしょう。さらに、代理人の身分証明書も必ず確認されるので、用意しておいてください。

代理人による定期預金の解約は、あくまで例外的な措置であるというのが基本的な考え方です。そのため、金融機関によってその対応は異なります。委任状を用意していても、さらに当日に電話などで本人に確認を取るというやり方を取るところもあります。また、金額によっては代理人による解約自体が認められず、本人でなければ手続きができないと言われることも十分にあり得ることです。

時勢的にも本人確認ということが非常に厳しく言われている今、金融機関は契約の取り扱いに非常に慎重になっています。定期預金の解約を代理人が行う場合は、必ず最初に金融機関に確認を取るところから始めるのが確実です。