定期預金 複数

定期預金の悩みどころ…預入期間ってどうやって決めたらいいの?

定期預金を始める時の悩みどころと言えば、預入期間をどうするか、ですよね。あらかじめ決めた一定期間、預金を動かさないことを条件に普通預金よりも高い利息を約束するのが定期預金です。預け入れの期間は数ヶ月から数年間と複数の選択肢から決めることができ、基本的には満期までが長くなればなるほど利率も高く設定されています。そうなると、じゃあ長期間預けておくのがお得なのでは?と思うかもしれませんが、実は一概にそうとは言い切れません。

定期預金で例えば3年、5年と言った年単位での長期間を選択すると、2つのリスクを負うことになります。1つは金利に関する問題です。定期預金の金利と言うのは、基本的に一度契約したら変動することが無い、いわゆる固定金利です。ところが金利は情勢の変化とともに常に変動し続けています。もしも世の中の景気が2年後、3年後に良くなって、金利もそれに合わせて上昇したとしても、それが満期を迎える前の定期預金に反映されることはありません。特に近年の日本はまれにみる低金利時代を迎えています。つまり、長い目で見れば金利は上昇傾向にあると考えられるので、より一層この点は慎重に考える必要があります。

もう1つは、お金が必要な時に使えない、というリスクです。例えば家族の急な入院や、子どもの予定外の進学費用など、もともとの人生設計にはない出費が発生することは必ずしもないとは言えません。そうした時に、資産を全て長期の定期預金として預けてしまっていると、動かせるお金が足らないという事態が発生する可能性が高くなります。定期預金は満期前に解約することができないわけではありませんが、一部解約は基本的にできないため、全額を解約しなければなりません。。さらに利息に関しても、中途解約利率と言う通常よりも低い利率が適用されることになり、相対的に見て損をしてしまうことになります。

こうした2つのリスクを避けるために、定期預金を複数の口座に分散するという方法があります。例えば500万円の資産があったとすれば、200万円で5年間の口座を1つ、100万円で1年間を2つと言うように、期間や金額を変えていくつかの口座を作るのです。こうすれば、不測の事態にも対応でき、金利のリスクも軽減することが可能になります。資産をいかに守り、増やすかという観点から、資産運用をよく考えてみてください。

投資に『絶対』はない!?外貨預金ちょっと気になる3つのリスク

国内での低金利が長く続いている今、金利の高い豪ドルなどの外貨建ての定期預金が人気を集めています。円建てと外貨建て、どちらも同じ定期預金として、基本的な仕組みこそそう変わりはありませんが、資産運用の手段として考えたとき、その方向性は少々異なります。

大きな利益を得ることはできない代わりに、確実に資産が減ることはない円建ての定期預金と比べて、外貨預金は為替相場の変動によっては利息以外に為替差益による利益を出すことができる可能性があります。つまり、投資としての意味合いが外貨預金方がやや強くなるというわけです。それが投資である以上、確実に利益を出すことができるとは限りません。ここでは外貨預金に関わってくる3つのリスクを説明していきます。

まず1つ目は、為替差損です。外貨預金では、預金時よりも為替が円安方向に変動すれば為替差益を出すことができますが、その一方で円高になれば当然為替差損という損失が出てきます。為替差損が大きくなれば、たとえ満期時に高い利息が付いたとしてもプラスマイナスでマイナスになってしまうこともあります。外貨預金は元本保証の対象にはならないため、損失がダイレクトに反映されてしまうのです。

2つ目は為替手数料と言うリスクです。大抵の金融機関では、円から外貨への両替と、外貨から円への両替でそれぞれ異なるレートを設定しています。明記されているわけではありませんが、この2つの価格差が金融機関の取り分、つまり手数料に相当するわけです。この部分を良くチェックしておかないと、せっかく利息が付いても為替手数料と相殺、あるいはトータルで見ると損をしてしまうということもあり得ます。

最後の1つは、預金保証が無いという点です。日本の金融機関に円建てで預金をしている場合、たとえその金融機関が経営破たんしたとしても1000万円までの預金とその利息が保証されます。ところが外貨預金にはそれが適用されません。金融機関が経営破たんなどと言う事態はめったにあることではありませんが、万が一のことが起こるとすべてを失ってしまうことになります。

外貨預金には金利など数多くのメリットがある一方で、こういったリスクとも無縁ではありません。準備や情報収集を怠らず、正しい知識を持ってスタートすることをおすすめします。

金利が魅力の定期預金、中途解約すると損しちゃうかも!?

定期預金の魅力と言えば、より高い利息が受け取れるという点です。現在は低金利が続いていますが、それでも普通預金として寝かせておくよりは…と定期預金を選ぶ人も多いのではないでしょうか?

定期預金は普通よりも高い利息が付く代わりに、契約期間が満期を迎えるまでは資産を引き出せないのが特徴です。何事もなく預けておければよいのですが、もしも何か不測の事態があった時に、定期預金に預けたお金が必要になることがあるかもしれません。その場合には、定期預金を途中で解約することになります。途中でも解約ができるなら安心…と思うかもしれませんが、1つ知っておかなければいけないことがあります。それは定期預金を中途解約すると利息の面で損をしてしまうかもしれないという点です。

定期預金を中途解約すると、中途解約金利という、いわばペナルティのような利率が適用されることになります。ペナルティなので当然当初の契約金利よりは低くなるばかりか、場合によっては普通預金口座に預けておくよりも低金利になってしまうこともあります。もちろん、金利が低くなるだけで元本には影響は及ばないので、実質的に損失が出るわけではありません。しかし、受け取れるはずだったお金が受け取れないという意味では、損をしてしまったと言っても差支えないでしょう。

ちなみに定期預金を途中で解約するとなると、基本的には全額解約と言うことになります。必要な分だけ引き出して、残りは満期まで預けておくという一部解約のようなことは、ほとんど認められていません。

それを考えると、同じ定期預金でも複数の口座を作るというのがおすすめの方法です。例えば500万円の資産があるのであれば、それを1つの定期預金口座に5年間の契約で預けるのではなく、200万円を1年間で1口、300万円を5年間で一口、というように期間の異なる複数に分けるのです。そうすることで、何かあった時に定期預金の資産を全て中途解約しなければいけないというリスクを避けることができます。

おすすめの預け入れ先が知りたい!ベストな定期預金の選び方

定期預金は銀行をはじめとしたほとんどの金融機関で利用することができます。スタートしやすいという点では魅力的ですが、その反面、選択肢が多すぎてどこの金融機関のどの商品がよいのかと迷ってしまうこともあるかもしれません。

普通預金ではなく、定期預金を選ぶ一番の理由は、より高い利息が受け取れるという点ですよね。したがって、定期預金を選ぶ時に金利は欠かせないポイントになります。金融機関や預け入れの期間によって金利の設定は異なるので、よく確認して慎重に選ばなければいけません。中でも最近ではネットバンクが比較的高い金利を武器に台頭してきていますので、ぜひとも候補として検討してみてください。

ちなみに定期預金の金利は、基本的には固定金利といって、契約時点での取り決めから変動しない金利が採用されています。ところが世間的にみると、金利と言うのは世の中の情勢に合わせて絶えず変動を続けています。これによって何が起こるかと言うと、低金利の時に定期預金を始めてしまうと、その後景気の上昇によって金利が上がったとしても契約時の低い利率での利息しか受け取れないというわけです。

それを踏まえて考えると、預け入れの期間と言うのも非常に重要な選択です。通常、定期預金では満期までの期間が長ければ長いほど高い利率が設定されます。ところが上で述べたような低金利の時期に長期間の定期預金を契約してしまうと、その後もし景気が上向きになり高金利時代が訪れたときに、世間的に見れば損をしてしまうことになりかねません。そうしたリスクを回避するためには、現状低金利で、なおかつ金利の動向が不透明な時期には少し短めの預入期間を設定することをおすすめします。

また、1つ気を付けてほしいのが預ける金額です。金融機関では預金保証と言って、万が一その金融機関が経営破たんしたとしても1000万円までの元本とその利息が保証されます。それを考えると、1000万円以上の高額の預金は、1つの定期預金口座に預けるのではなく、複数の金融機関に分散しておくのが賢明でしょう。

聞いてびっくり!?バブル期と現在の定期預金を取り巻く変化とは?

定期預金の一番の目的は、普通預金よりも高い利息を得ることです。ところが、長引く不景気の中で、定期預金の金利は久しく低空飛行を続けています。とは言え、不景気が当たり前、低金利が当たり前という世間で育ってきた若い世代にとっては、今の定期預金の金利がどれほど低いのか、ピンとこない部分もあるかもしれません。ここでは最も金利が高かったとされるバブル期と現在の定期預金を取り巻く変化についてご紹介します。

未曽有の好景気、いわゆるバブルと呼ばれた1990年代には、定期預金の金利は6%、7%というのはさほど珍しいことではありませんでした。例えば金利7%ならば、100万円を預金すれば7万円の利息を受け取ることができます。これを繰り返していけば、資産を10年程度で倍にするのも難しいことではありません。当時は定期預金というのはリスクが低く確実なリターンがあるもっとも人気が高い資産運用方法だったのです。定期預金などの金融機関の金利を決める基準となるのは、日本銀行、いわゆる日銀が発表する公定歩合ですが、この公定歩合に関しても当時は5%を超える高水準で推移していました。

ところがバブルが崩壊して一転未曽有の不景気に日本が陥ると、定期預金の金利もガラッと様相を変えました。政府や日銀によるゼロ金利政策を受けて、すべての金利は急激に低下することになりました。そこからさらにリーマンショックに始まる世界的な不況、東日本大震災による打撃を受けて、いまだに日本の景気は回復したとは言えません。

そんな中で、現在の定期預金の金利はどうなっているのでしょうか?一般的に、利率が高いとされているのはネットバンクですが、それでも0.3%前後に設定されているところがほとんどです。0.0何%という、あってないような金利を提示している金融機関も決して珍しくありません。

今や、定期預金はローリスクではあるけれどローリターンというのが定説になってしまいました。もちろん資産を確実に守っていくという考え方をすれば、定期預金は十分に有効な手段です。ただし、資産を増やすことに重点を置くとなると、よりリスクのある投資が必要になってきます。守る資産と増やす資産のバランスを考えることが、現代を生きていくうえでは重要なのです。

どうしてもお金が必要な時…定期の口座って途中でも解約できるの?

資産の預入先に普通預金ではなく定期預金の口座を選択する場合、その目的はより高い金利を得ることですよね。今、日本は不景気のあおりを受けた低金利時代が長く続いていますが、それでも同じ預けておくなら少しでも高い利息が付く方がいいと考えるのは、ごく当たり前のことでしょう。

定期預金は通常よりも利率が高く設定されている代わりに、原則として契約期間が満了する、いわゆる満期まで預けた資産を引き出すことができません。ではもしも、不測の事態によって急にまとまったお金が必要になった時、定期預金を解約し、資産を引き出すことはできるのでしょうか?

結論からいうと、定期預金の中途解約は基本的には可能です。特に特殊な書類などを用意する必要もなく、届出印と通帳、そして本人確認書類を持っていけば、たいていの金融機関では解約に応じてくれるでしょう。ただし、金融機関によって解約の可否や必要書類は異なる可能性があるので、事前の確認した方がよいでしょう。

また、何らかの事情で本人が解約の手続きに出向けないということもあるかもしれません。その場合、委任状などの特別な書類が必要ななる可能性が高く、場合によっては本人以外は解約が認められないということもあります。この点に関しても金融機関によって対応が異なるので、代理人による解約手続きを考えているのであれば必ず確認してください。

1つ気を付けてほしいのですが、定期預金の中途解約には利息面で大きなデメリットがあります。定期預金では普通預金よりも高い利率が設定されているのは先に述べたとおりです。ところが中途解約の場合、最初に提示された利率で利息を受け取ることはできなくなります。満期前に定期預金を解約すると中途解約利率などと呼ばれる通常よりも低い利率が適用されます。したがって、中途解約はできたとしても、定期預金の一番の目的である金利の面では損をすることになってしまうのです。

せっかく定期預金として預け入れたのですから、できれば解約はしたくない…でもどうしようもない時もありますよね。契約期間をあらかじめ短めに設定しておく、定期預金の口座を複数に分散するなど、不測の事態にも対応できる方法を考えておくことをおすすめします。

紛らわしいけど間違えないで!定期預金と定額預金の違いとは?

頑張って貯めた大事な資産を、どの金融機関にどのように預けておくかというのは、非常に重要な選択です。ただ単に普通預金口座に入れておくだけではあまりに旨みが無い、かといってリスクの高い投資に手を出すのもちょっと気が引ける…そんな人にとって、定期預金というのは程よい落としどころの1つと言えるのではないでしょうか?

この定期預金と少し形態の似た金融商品に、定額預金と言うものがあります。代表的なものとしては、ゆうちょ銀行の定額貯金が挙げられますが、類似の商品は他の金融機関でも見つけることができます。ここでは少し紛らわしい定期預金と定額預金の違いをご説明していきます。

定額預金は預入時にあらかじめ期間を決め、満期を迎えるまで引き出すことはできないというのが基本的なシステムです。期間はいくつかの選択肢の中から決めることができ、たいていの金融機関では満期を迎えてもさらに自動継続を選択することもできます。期間を長く設定すればするほど利息は高くなりますが、もしも満期前に途中解約をすると、中途解約利率と言って通常より低い利息しか受け取ることができません。

対する定額預金のもっとも大きな特徴は、預け入れから半年が経過すると、それ以降はいつでも口座から引出しをすることができるという点です。したがって、満期と言う考え方はなく、最長で何年間預けておけるかという点は取り決めがあります。3年目までは半年ごとに金利が段階的に上昇していくので、長く預けておいた方がお得ではあります。

定期預金と定額貯金を比べてみると、利息と言う面では同じ期間預けておくと定期預金の方が高い利息を受け取ることができます。ただし、定期預金は途中解約のデメリットが大きいので、例えば万が一急にまとまったお金が必要になった時のことを考えると、半年以降はいつでも引き出せる定額預金の方が流動性が高く使い勝手が良いと言えるでしょう。

定期預金と定額預金、それぞれの違いとメリットデメリットを正しく把握することが、より良い資産運用につながるのです。

とりあえず人気の豪ドル!で大丈夫?外貨預金の通貨選びを考える

資産運用の方法の1つとして人気を集めている外貨預金ですが、一口に外貨と言っても様々な通貨があります。数ある外貨の中からどれを選ぶかというのは、外貨預金をするうえで最重要とも言えるところです。

近年人気を集めている外貨の1つに、豪ドルがあります。人気のある通貨なら間違いないだろうと考えて、豪ドルでの外貨預金を決める人もいるかもしれません。その考えは決して間違いではありませんが、『人気』というだけで大事な資産の使い道を決めてしまうのはあまりおすすめできることではありません。ここでは通貨選びの重要なポイントをいくつか考えてみましょう。

まず外貨預金で気になるのはやはり金利ですよね。先に挙げた豪ドルが人気なのも、金利という面でのメリットが比較的大きいからです。外貨預金をするうえで金利は確実に利益として受け取ることができる部分ですから、金利がより高いところを選ぶのは重要なことです。1つ気を付けてほしいのですが、金利はずっと固定されているものではありません。今は高金利でも、その国の財政状況によって少しずつ変動していく可能性は否めないので、必ず事前に確認するようにしましょう。

外貨預金のもう1つの利益が為替差益です。為替の変動によってその国の通貨の価値が上がれば、利息収入に加えてその価格差による利益を得ることができます。ただし逆もまたしかりですので、いくら高金利の通貨でも、極端な円安の時に外貨預金を始めてしまうと、相場が円高に転じるリスクが高く、為替差損が金利を上回り、結果として損になってしまうことがあります。

どこの金融機関を通すかというのも重要なポイントの1つです。同じ通貨でも、金融機関によって金利は異なるうえに、発生する手数料にも大きな違いがあります。より純粋な利益を多く手にするためには、金融機関が意外と大きな影響を持つことを知っておくべきでしょう。

以上のポイントを踏まえ、外貨預金の通貨選びは慎重にしましょう。本当に自分の求める資産運用をするためには、何を選択すべきか、じっくり考えてみてください。

忘れちゃいけない!外貨預金で税金がかかる2つのポイント

今、日本は低金利時代です。かつては5%、7%という高利回りで運用できる人気商品だった定期預金も、今では良くて0.5%前後という、比べるべくもない利率が設定されるようになりました。そこで人気を集めている資産運用の手段が外貨預金です。外貨預金とは、外国の銀行にその国の通貨で定期預金をすることで、通貨の選択によっては国内で定期預金をするよりも確実に高い利息を受け取ることができます。

資産運用について回るのが、税金の問題です。外貨預金で得た利益にも、御多分に漏れず税金が加算されることになります。注意してほしいのは、外貨預金の場合には、税金がかかるポイントが2つあるという点です。

外貨預金で税金がかかるポイントの1つは、利息です。預金の利息は税制上、利子所得と分類され、一律で20%の税金が課されることになります。これは国内で日本円で定期預金をした場合にも同じことです。源泉分離課税と言って、利息を受け取った時にはすでに税金が引かれた金額になっており、特に確定申告などの手続きをする必要はありません。ただし、国内の金融機関を通さずに直接海外の銀行と取引をしている場合には、源泉徴収をすることができないので、確定申告が必要になることがあります。また、すでに海外の税制に則って源泉徴収されていれば、二重徴収にならないように控除が受けられるようになっているので、その場合にも確定申告をしましょう。

もう1つ、外貨預金で課税対象になるのが為替差益です。一般的なサラリーマンであれば、為替差益のような雑所得が20万円以上になれば確定申告をして納税しなければなりません。他の雑所得と通算損益で考えることができるので、外貨預金で20万円以上の利益を出していても、別の投資でそれ以上の損失を出していれば税金は発生しないことがあります。為替損益が出た場合にも同様のことが言えます。

特に為替差益については、しっかり把握して確定申告をしないと脱税になってしまうこともあります。外貨預金で資産運用をするのであれば、必要な税金の情報を正し身に付けておくことをおすすめします。

定期預金についた利息には税金がかかるってホント!?

定期預金の一番の目的と言えば、利息ですよね。低金利のこの時代、定期預金とはいえどもなかなか満足のいく利息額になりませんが、それでも満期時に利息が加算されているのを見るとうれしい気持ちになるものです。ところでこの利息ですが、計算して確認してみると、提示されていたパーセンテージよりも少ないような…となると思います。意外と知らない人も多いのですが、実は定期預金の利息には税金がかかっているのです。

税制上の観点から見ると、定期預金などの預金の利息は所得として扱われます。したがって所得税がかかってくることになるのです。税率は一律で20%と決められており、2013年以降は東日本大震災の復興特別所得税が0.315%加算されます。つまり定期預金の利息に対しては、20.315%の所得税がかかるというわけです。金融機関によっては、契約の時点で税引き前と税引き後の利息の利率を明記しているところもあります。

この定期預金の利息にかかる税金に関しては、源泉分離課税と言って、受け取った時点ですでに差し引かれていることになります。したがって、他の投資商品で得た雑所得のように年度末の確定申告をする必要はありません。雑所得は原則20万円以下であれば非課税となりますが、定期預金の利息は利子所得と言って全く性質の異なるものです。確定申告によって返ってくるというものでもありません。

税金がかかると知らずにいると、実際に利息を受け取った時に戸惑ってしまうかもしれません。自分に関わる税金の精度を正しく知っておくことは、資産運用と言う観点から考えると意外と重要なことなのです。